乳腺外科の乳がん検診は大阪のたかはし乳腺消化器クリニック
乳腺外科@大阪>乳がんについて

普段から気をつけたいこと

予防が困難な乳がん。だからこそ早期発見が大切です。
乳がん 最近の日本での乳がん罹患数(新たに乳がんと診断される数)は、年々増えており、ここ30年あまりで5倍に増加して、1年間に女性がかかる全てのがんの中で1位となって約7万人となっています。    毎年およそ1万人以上の方が、乳がんで亡くなっています。

しかも、生涯のうちに乳がんにかかる人は1996年には30人に1人と言われてましたが、最新のデータでは13人1人となって更に増えています。

一方、乳がんによる死亡は、増加は比較的緩やかで4~5人1人と低く抑えられています。
これは、①検診による早期発見、②効果的な新薬の使用、③乳がんのタイプ別治療法の確立などで予後が改善されたことが考えられます。

乳がんの年齢分布は、20代後半から徐々に増え始め、閉経前後の45~49歳でピークとなっています。

食事をはじめとした欧米化された現代人のライフスタイルが大きな原因として考えられるため、予防することが難しく、患者の数は今後さらに増加すると予想されています。

ただ幸いなことに、乳がんはからだの表面近くにできるため、比較的自分で発見しやすいがんです。
早い段階で乳がんを発見することができれば、乳房を失うことなく、小さな手術で治療することも可能となっています。
乳がんはすべての女性がかかる危険性のある病気です。

予防が難しいといわれる乳がんですが、乳がんにかかりやすい条件を知っていれば万一の時に見落としてしまうこともなく早期発見に繋がります。


乳がんにかかりやすい条件

 

  • 親姉妹などの近親者に乳がんにかかった人がいる
  • 出産経験がない、あるいは30歳前に出産を経験していない
  • 初潮が早く、閉経が遅い人
  • 肥満の人(特に閉経後)
  • 良性の乳腺疾患になったことがある
  • 授乳期間が短い
  • 肉食に偏った食生活
    etc...

 


これらにあてはまる人は、そうでない人に比べて少しだけ乳がんになる可能性が高いというだけのこと。  みなさんに忘れずにいただきたいのは女性であれば、誰でも乳がんにかかる危険はあるということです。

常日頃から自分の乳房を観察し、乳房に起こりつつある変化を、見落とさないように、気をつけてください。


乳がんと女性ホルモンの関係

乳がんの発生や増殖には、「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンが深く関わっています。
乳がんが増加している背景には、女性の社会進出に伴う晩婚化などで乳腺がエストロゲンにさらされている時間が長くなったことが要因として考えられています。
また、閉経後は、エストロゲンが脂肪細胞で作られるため、閉経後に肥満している女性では、乳がんのリスクが高くなるとも言われています。

しこりチェックによる乳がんの発見

乳がんを早期発見するために、その特徴をよく理解しておくことが大切です。
月に1度、乳房の自己検診をして、乳がんに特徴的な変化がないかチェックする習慣をつけましょう。  月に1度の習慣にしたい、乳房の自己チェック。
日ごろから自分で「見て」「触って」、 いつもの乳房の状態を知っておけば、小さな変化もすぐに発見することができます。


乳房を見てチェック! 乳房に触れてチェック!
乳房を見てチェック! 乳房に触れてチェック!
鏡の前でいろいろな姿勢をとって、乳房の変化を確かめます。
・腕を上下に動かす
・頭の後ろで手を組む
・手を腰に当てて上体をかがませる
など
調べる乳房側の腕を上げ、 もう一方の手で乳頭周辺から円を描くようにして、 指の腹でゆっくり調べます。
・入浴時、手に石鹸をつけて触れる
・布団の上で仰向けに寝て行う


自己検診のベストタイミング
閉経前なら月経が始まって1週間後を目安に。   閉経後なら月に1度、覚えやすい日を決めて。


チェックポイント

 


乳がんが大きくなって1~2センチくらいの大きさ になると、自分で触れてわかるしこりになります。 乳がんのしこりには、
  1. ごつごつしていて動きが悪い
  2. 短期間に大きくなる
  3. 痛みがない、などの特徴があります。

 


乳がんか乳房の皮膚近くまで達すると、えくぼのような「くぼみ」や「ひきつれ」、乳頭の陥没などが見られることもあります。


 


乳がんの場合、血液が混ざった分泌物が多く見られますが、血液が混ざっていても透明に見えることがあります。



まれですが、わきの下のリンパ節がはれて見つかる乳がんもあります。
乳首のただれはないか皮膚科で治療を受けてもなかなか治らないときは、一度乳がんの専門医に診てもらうことが大切です。

もしも「しこり」が見つかったら
乳がんと決め付けてしまう前に、専門医にご相談ください!

まずは落ち着いてください。  必ずしも「しこり=乳がん」というわけではありません!

しこりが乳がんによるものか、 その他の病気によるものかを見分けるためには、専門的な検査が必要です。   乳房にしこりを発見したら、 必ず専門医の診察を受けるようにしましょう。
乳房の病気のなかでも、しこりができる病気には次のようなものがあります。


しこりを伴う病気

乳腺線維腺腫(良性のしこり) 乳腺症(痛みを伴う) 乳がん(再発の危険!)
思春期から30歳代に多くみられる病気。 2センチ前後のしこりがほとんどですが、3センチを越えることもあります。 次第に小さくなるしこりが多く、がんに変わる心配もないので、手術などで取り除く必要はありません。 30~40歳代の女性に多くみられる病気。 乳腺が硬くなったり、のう胞(分泌物がたまった袋)ができたりします。 多くの場合、月経前に痛みを伴います。 とくに治療をする必要はありませんが、痛みが強い場合には薬物療法を行うこともあります。 乳がんは主に、乳汁を運ぶ乳管という部分で発生し、長い時間をかけて生命を脅かすがんとなります。 がん細胞が乳管を破って血管やリンパ管に入り込んで体内を 移動し、肺や骨などに別の拠点を作ることを転移といい、治療後に再び目に見えるようになった状態を再発といいます。 しこりが大きければ転移や再発の可能性 が高くなります。


3大疾患(乳腺症・乳がん・繊維腺腫) 注意!


3大疾患(乳腺症・乳がん・繊維腺腫)以外にも知っておきたい乳腺の病気はあります。  左図に見られる乳腺炎や乳管内乳頭腫などは乳がんと間違えやすい病気です。
乳房のしこりや痛みなど、なんらかの異常に気づいたときには、乳腺の病気を多く扱っている乳がん専門医のいる病院を選ぶのが理想的です。

乳頭(乳首)からの分泌物は乳がんに関係しますか。

漿液性あるいは乳汁様乳頭分泌の場合にはほとんど問題はありません。
血性乳頭分泌がみられた場合には、乳腺症の一種である乳管過形成や乳頭腫である頻度が高いですが、乳がんが隠れている可能性もあるので詳細な検査が必要になります。


アルコール飲料の摂取は乳がん発症の危険因子になりますか。
アルコール 少量のアルコール飲料の摂取は乳がん発症の危険因子にはなりませんが、1日平均2杯以上摂取する場合、飲む量が増えれば増えるほど乳がん発症の危険が高まる可能性があります。  飲酒は控えめにしましょう。

※1杯の基準は、日本酒なら1合、ビールなら中ぐらいのグラスや小さめのジョッキ1杯、ワインならワイングラス1杯などが目安です。

 

アルコール飲料の摂取が乳がん発生に関係あるエストロゲンに影響を及ぼす可能性のある報告が一部にはありますが、アルコール飲料の摂取がどのようなメカニズムで乳がんの発症に影響を与える可能性があるのかはまだよくわかっていません。 しかし、アルコール飲料の摂取が乳がん発症と関連があるという報告 の方が、関連がないという報告よりもたくさんあります。
 
日本人を対象にしたごく少数の報告でも関連性を示唆していました。
関連があることを示した報告でも概して1日に1杯程度のアルコール飲料の摂取は危険因子にならないとしています。

日本人を対象とした研究でもまったく飲まない人と時々飲む人との間には差がなかったと報告しています。

日本人の女性においては1日1杯程度の少量の飲酒は乳がん発症の危険因子とはなりませんが、1日2杯以上の飲酒になると飲む量が増えれば増えるほど危険が高まると考えられます。


喫煙は乳がんの発症と関連がありますか。

喫煙と乳がん発症との関連は明らかではありません。  ですが、多くの生活習慣病の発症や肺がんと関連があることが知られています。  健康維持の観点から禁煙を強くお勧めします。

煙草の煙には がんの引き金になる物質や、血管を収縮させる物質など数多くの化学物質が含まれており 喫煙によって肺がん・心臓病など生活習慣病を発症するリスクが高まり、特に肺がんの発症リスクを高めることがよく知られています。  乳がんとの関連を調べた 研究はたくさんありますが、喫煙が乳がん発症リスクを高めるかどうかについては まだ結論は出ていません。

また他人が吸った煙草の煙(副流煙)の害もよく話題になりますが、乳がんとの関連は、弱い関連があるという報告があります。  なるべく他人の煙草の煙は避けた方がよいでしょう。

現在喫煙している人は、今さら禁煙してもしかたがないと思いがちですが 禁煙するとその時点から病気発症のリスクが下がりますので、なるべく早い機会に禁煙することをお勧めします。

日本人の喫煙率は、男性では40年来下がり続け2005年現在約45%となりましたが、女性はこの10数年間は変わらず約14%の喫煙率が報告されています(JT全国喫煙者率調査)。

本人にとっても、まわりの人にとっても禁煙は健康維持に大変役立ちますので禁煙を強くお勧めします。



〒543-0001
大阪市天王寺区上本町6丁目2-22 山崎製煉ビル2F アクセス方法
TEL 06‐6767‐0621

関西・大阪、大阪府大阪市天王寺区(上本町駅前)の乳腺消化器専門クリニック。
NPO法人マンモグラフィ検診精度管理委員会公認読影医による乳がん検診・乳腺外来・乳腺外科・乳腺科など。