乳腺外科の乳がん検診は大阪のたかはし乳腺消化器クリニック
乳腺外科@大阪>乳がん検診(費用)・乳腺検査について

マンモグラフィについて

今、なぜマンモグラフィなのでしょう?
マンモグラフィ

当クリニックでは、通常よく導入されております、「外人用サイズ」のマンモグラフィではなく、「日本人用サイズ」のマンモグラフィを導入いたしております。

近年では、乳がん患者は増加しており、日本での乳がんによっての死亡率も年々高まってきています。 しかし乳がんは、早期発見によって、乳房の温存率を急激に向上させることが可能です。

すべての女性のステータスを守りたい。 それを可能とするのがマンモグラフィなのです。 マンモグラフィは乳房の微細な変化を形態的変化として捉えることができ、非触知乳がんの発見率が向上します。

当院では、日本医学放射線学会や乳がん検診学会など、関係学会に認定されている最先端のマンモグラフィを導入しております。


マンモグラフィ専用自動露出制御

 

当院にて設置のマンモグラフィは、14通りの検出パターンを有する世界初のマンモグラフィ専用AEC機構を搭載しています。 撮影方向によらず、あらゆる乳 房の自動撮影において乳腺組織を的確にキャッチ、適正濃度のマンモグラムをご提供します。


マンモグラフィの検診結果は、5つのカテゴリーであらわされています。

マンモグラフィをみてどれくらいがんを疑うのかの指標として、カテゴリー分類というものがあります。 乳がんの病気分類と混同しないようにしてください。
検診結果通知にカテゴリー3と書いてあったら、異常のないことを確認するために「精密検査を受けに行くつもり」でよいのですが、カテゴリー4またはカテゴリー5と書いてあったら、必ず精密検査を受けてください。

カテゴリー1 カテゴリー2 カテゴリー3 カテゴリー4 カテゴリー5
異常なし 良性病変のみ がんを否定できず
がんの確率は5~10%
がんの疑い
がんの確率は30~50%
マンモグラフィ上はがん
がんの確率はほぼ100%



〒543-0001
大阪市天王寺区上本町6丁目2-22 山崎製煉ビル2F アクセス方法
TEL 06‐6767‐0621

関西・大阪、大阪府大阪市天王寺区(上本町駅前)の乳腺消化器専門クリニック。
NPO法人マンモグラフィ検診精度管理委員会公認読影医による乳がん検診・乳腺外来・乳腺外科・乳腺科など。