乳腺外科の乳がん検診は大阪のたかはし乳腺消化器クリニック
乳腺外科@大阪>手術・療法について

術後治療の決定因子

術後治療の決定因子
術後の薬物療法の決定には、手術で採取した切徐標本からの病理結果が重要です。 他にも年齢が考慮され、35才未満はしっかりと75才以上は穏やかに行なう傾向です。 病理結果からは以下のことがわかります。

①がん細胞の悪性度(グレード)を調べる検査  
⇒顕微鏡で見たがん細胞の形や、周囲組織の構造の破壊度から判断したがんの悪性度。 悪性度は、1~3の3つのグレード(段階)に分けられ、1は悪性度は低いがん、3は悪性度の高いがん、2は中間です。 グレードの数値が大きいほど進行度の速度や再発のリスクが高くなります。

②脈管侵襲(がんの浸潤・非浸潤)を調べる検査
  
⇒がんの周囲の脈管(血管やリンパ管)にがん細胞がみられるかどうか。 どの程度みられるか。


③ホルモン感受性を調べる検査
  
⇒がん細胞が、女性ホルモンの刺激により増殖するタイプかどうか。 つまりホルモン受容体の有無を調べます。 ホルモン感受性がある乳がんには、ホルモン療法が有効です。

④HER2  
⇒たんぱく質の一種。 このHER2ががん細胞の表面に多いと、乳がん細胞の増殖が強く促されます。 検査ではその量を調べます。 ただし、HER2が多いタイプによく効く薬が開発されており、効果が期待できます。

⑤リンパ節転移の有無
  
⇒転移がある場合、その個数(4個以上かどうか)、リンパ節転移巣の大きさが2mm以上かどうか。

⑥浸潤がんの大きさを調べる検査  
⇒乳房内の浸潤がんの最大径を調べます。

以上の要素が術後の治療選択に影響を与えます。


 



〒543-0001
大阪市天王寺区上本町6丁目2-22 山崎製煉ビル2F 
アクセス方法
TEL 06-6767-0621

関西・大阪、大阪府大阪市天王寺区(上本町駅前)の乳腺消化器専門クリニック

NPO法人マンモグラフィ検診精度管理委員会公認読影医による乳がん検診・乳腺外来・乳腺外科・乳腺科など