乳腺外科の乳がん検診は大阪のたかはし乳腺消化器クリニック
乳腺外科@大阪>手術・療法について

治療と予後予測の重要な指標(サブタイプ分類)

治療と予後予測の重要な指標(サブタイプ分類)
このサブタイプ分類は、乳がんの治療方針および予後予測を立てる上でとても重要です。
①ホルモン受容体の状態
②HER2の状態
③増殖のスピード(増殖能を表すKi-67など)

①②③から「ルミナルA型」「ルミナルB型」「HER2型」「基底細胞様型(トリプルネガティブタイプ)」の4つのタイプに分類でき、それぞれのタイプに合った薬とその薬の組み合わせを決めていきます。


【乳がんのサブタイプ分類】
 
 日本人の 
 乳がん患者
の割合 
エストロゲン
受容体
 プロゲステロン
受容体
HER2
受容体
タイプ別による
薬物療法の
選択 
ルミナル
A型
約60%
どちらか一つ
または
両方が陽性
陰性かつ
Ki67<14% 
 ホルモン療法
ルミナル
B型

 
約5%
 
どちらか一つ
または
両方が陽性
 陰性かつ 
Ki67≧14%  
ホルモン療法
+抗がん剤   

陽性 ホルモン療法
+分子標的薬
(ハーセプチン)
+抗がん剤
HER2型 約10% 陰性 陰性 陽性 分子標的薬
(ハーセプチン)
+抗がん剤
基底細胞
様型
(トリプル
ネガティブ
タイプ)
約15% 陰性 陰性 陰性 抗がん剤

 



〒543-0001
大阪市天王寺区上本町6丁目2-22 山崎製煉ビル2F 
アクセス方法
TEL 06-6767-0621

関西・大阪、大阪府大阪市天王寺区(上本町駅前)の乳腺消化器専門クリニック

NPO法人マンモグラフィ検診精度管理委員会公認読影医による乳がん検診・乳腺外来・乳腺外科・乳腺科など